バイアグラの服用方法

寝室

バイアグラは、性交渉1時間前に空腹状態で服用する、というものが基本の服用方法です。

そのときの体調や、体質にもよりますが、空腹状態で服用すれば、30分程度で効果が発現します。

バイアグラには25mg、50mg、100mgという規格があります。
初めてバイアグラを服用する場合は、25~50mg程度の服用からにしましょう。

日本国内で処方されているバイアグラの最大容量は50mgです。これは、身体の小さな日本人にはバイアグラ50mgでも充分な効果を得られるためです。バイアグラをはじめとするED治療薬は、たくさん服用すればその分効果が大きくなるというわけではなく、副作用が強く出すぎてしまう場合もあるため注意してください。
その際、バイアグラ100mgを購入し、ピルカッターなどで割錠して服用すれば、コストパフォーマンスも上がるのでおすすめです。

バイアグラと食事のタイミング

食事

バイアグラは食事の影響を受けやすいED治療薬です。

食中や、食後にバイアグラを服用してしまうと、効果発現までの時間が遅れたり、満足な効果を得られない場合があります。
「バイアグラが効かなかった」という人の8割が、「食中食後にバイアグラを服用していた」というデータがあるほどです。
そのため、必ずバイアグラを服用する場合は、空腹状態というのを守ってください。

食事を摂りたい場合は、バイアグラをまず服用し、30分~1時間程度時間をあけて、バイアグラの成分をしっかり身体に吸収させれば、食事をしても問題ありません。

また、食事をする場合は、脂肪分の少ないあっさりとした食事と、腹7分目程度を心がけ、食後2時間以上あければ、バイアグラを服用しても効果を感じることができます。

バイアグラとアルコール

バイアグラに限らず、ED治療薬服用時には、飲酒に注意が必要です。

ほどよい飲酒量であれば、アルコールにある精神安定作用によりリラックスできるため、バイアグラをはじめとする、ED治療薬の効果を引き出すことができます。

しかし、お酒の弱い人の場合、バイアグラの血管拡張効果によりアルコールが一気に回ってしまう可能性があるため、控えたほうが良いでしょう。

また、アルコールを飲み過ぎると神経伝達が悪くなるため性的刺激を受け難くなり勃起力が極端に低下する場合があります。
こういった場合、バイアグラも、他のED治療薬も効果を発揮できなくなってしまうため、注意が必要です。


バイアグラ関連記事

このページの先頭へ